*All archives* |  *Admin*

2017/08
<<07  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  09>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
忌野清志郎
(いまわの・きよしろう)1951年4月2日-2009年5月2日。バンドマン・作詞、作曲家・ヴォーカリスト。日本語のロックを語る上では非常に重要なアーティストの一人である。本名:栗原 清志(くりはら きよし)。東京都立日野高等学校卒業。血液型A型。自称「バンドマン」「ブルースマン」。

詳細ページへ

公式サイト 地味変
スポンサーサイト
和泉桂
(いずみ・かつら)12月24日生まれ。横浜出身

詳細ページへ

公式サイト Caution(K’s Cafe)
飯野文彦
(いいの・ふみひこ)1961年6月16日山梨県甲府市出身。小説家。ノヴェライズ『新作ゴジラ ―1984年度東宝映画作品映画小説』でデビュー。以降、多数のゲーム・映像作品のノヴェライズを手がける。異形コレクションの常連寄稿者であり、モダン・ホラーの旗手である。

詳細ページへ
飯尾憲士
(いいお・けんし)1926年8月6日大分県直入郡竹田町(現、竹田市)に生まれる。本名は姜寿男(カンスナム)。1939年、旧制竹田中学校(現、県立竹田高等学校)へ入学。1944年、旧制竹田中学校を卒業。埼玉県朝霞の陸軍予科士官学校へ入校。1945年、埼玉県豊岡の陸軍航空士官学校へ進学、在学中に敗戦をむかえる。1946年、旧制第五高等学校(現、熊本大学)理科甲類へ入学。二年次に文科へ転科。1949年、旧制五高文科甲類を四三人中四三番の末席で卒業。1950年、帰郷。県立竹田高等学校・私立竹田女学校の英語講師となる。1951年、英語講師を退職し、地元の南豊新聞社に就職。1954年、大分の文芸同人誌『東九州文学』に参加。「エルサレムの朝靄」(東九州文学)、「暮色記」(東九州文学)を発表。以後、様々な作品を書く。1960年、春に上京、船舶グラフ出版社に勤め、記者となる。1972年、船舶グラフ出版社を退職、文筆で独立を決意する。1978年、第二回すばる文学賞に「海の向うの血」が佳作入選、一二月『すばる』に掲載される。2004年7月26日肺炎のため東京都新宿区の国立国際医療センターで永眠。享年77歳。

詳細ページへ
飯嶋和一
(いいじま・かずいち)1952年山形県生まれ。作家。法政大学文学部卒業。1988年『汝ふたたび故郷へ帰れず』で文藝賞受賞。しかし、その後文学賞受賞を拒否しているといわれ、直木賞候補にもなったが、それを拒否したとの話もある。しかし、2000年に発表した、『始祖鳥記』で中山義秀文学賞を受賞した。

詳細ページへ
カウンター
文庫シェルフ

文庫専門(通販・販売・買取)

店長:松元頼璽

アドバイザー

竹中柳皓(たけなか・りゅうこ)

綺麗な文章が好き。そんな文章が自分で書けたらどんなに良いだろう。
お気に入りの1冊と巡り会いたい。
気持ちはまだまだ夢見る乙女かな。(笑)

りゅうさんの読書メーター
【文庫シェルフ】アドバイザー
MUSIC ROOM/neiro.net管理人
サイトナビ秘書

最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
RSSリンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

全記事(数)表示
全タイトルを表示
ブログ内検索
カテゴリー
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。