*All archives* |  *Admin*

2007/05
<<04 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  06>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
潁原退蔵
(えばら・たいぞう)国文学者。1894年2月1日-1948年8月30日。長崎県生まれ。

詳細ページへ
スポンサーサイト
江國滋
(えくに・しげる)1934年8月14日-1997年8月10日。東京都出身。エッセイスト、俳人である。俳号は滋酔郎。慶應義塾大学法学部政治学科卒。新潮社に入社したが、1966年に退社。独立後、文筆業に専念。1969年に小沢昭一、永六輔らと共に、やなぎ句会を発足。 俳人としては、俳諧味に溢れた軽妙な作風で知られ、殊に挨拶 句の名手として知られた。 また長年日本経済新聞の投句欄「日経俳壇」の選者を務めた。俳句に関しては独学に近く特定の師を持たなかったが、鷹羽狩行とは親交が深く添削なども受けていた。1989年の『日本語八つ当たり』で小林よしのりの漫画「おぼっちゃまくん」の「茶魔語」を批判的に書き、小林とテレビ番組で対決したことが「ゴーマニズム宣言」の前身「おこっちゃまくん」(第1巻に収録)に書かれている。アマチュアのマジシャンとしても有名で、ナポレオンズに「江國さんのカードマジックは話術まで入れたら世界一だ」と誉められたことを大変喜んでいた。 また座談に長け、FM東京(現 TOKYO FM)の番組『FMモーニング東京』の書評コーナー「江國滋の読書の散歩道」などでも知られる。愛煙家であり、酒を好んだ。1997年に食道癌の宣告を受ける。同年8月10日逝去。享年62歳。闘病中の句集『癌め』及び俳句日記『おい癌め酌みかはさうぜ秋の酒』が没後に出版される。長女は作家の江國香織。

詳細ページへ
江國香織
(えくに・かおり)1964年3月21日。小説家、詩人。東京都世田谷区出身。目白学園女子短期大学国文学科卒。アテネフランセを経て、デラウェア大学に留学。父は江國滋。児童文学雑誌『飛ぶ教室』に投稿した「桃子」が入選。翌年に「草之丞の話」ではないちもんめ小さな童話賞大賞。1989年には初の短編小説集『つめたいよるに』を刊行。現在は主に大人向けの小説やエッセイを手がけ、瑞々しい文体で若い女性から多くの支持を集めている。2001年には大学入試センター試験の国語Ⅰで、短編小説「デューク」が全文出題された。2006年には同作品が、TBSにより優香の主演で短編ドラマ化されてもいる(ただし、ストーリーは一部異なる)。銀行員と結婚。愛煙家で、熱狂的な阪神ファンとしても知られている。

詳細ページへ
江波戸哲夫
(えばと・てつお)1946年東京生まれ。東京大学経済学部卒業後、銀行に勤務。その後、編集者を経て1983年より本格的に作家活動に入る。小説・ノンフィクションの両分野で、政治・経済の最新の状況を独自の視点で描く。他著に、「小説 起業講座」「その『格付け』に意義あり」などがある。

詳細ページへ
江藤淳
(えとう・じゅん)1932年12月25日-1999年7月21日。夏目漱石の研究などで著名な日本の文学評論家。本名は江頭淳夫(えがしら・あつお)。戦後日本を代表する文学者で、保守派の論客として知られた。『漱石とその時代』(新潮選書)で菊池寛賞と野間文芸賞を受賞する。代表作『成熟と喪失』(講談社文芸文庫)は戦後文学を読み解く重要文献として重要視されている。また、『閉された言語空間―占領軍の検閲と戦後日本』・『一九四六年憲法-その拘束―その他』(いずれも文春文庫)などでGHQによる戦後日本のマスコミへの検閲、GHQの呪縛から脱却できない戦後民主主義を鋭く批判した。また、『海は甦える』は、薩摩藩出身の山本権兵衛が、開国からの日本海軍の誕生と創造を生きる中、日本という国家の産みの苦しみを描いたドキュメンタリータッチの小説として有名。1975年、第32回芸術院賞受賞。江藤淳というペンネームが本名に由来していることは明白だが、本人の言では「照れ隠しのようなものにすぎない」という。初め「あつし」と読ませていたがいつのまにか「じゅん」と読まれるようになった。

詳細ページへ
江川朗
(えがわ・あきら)(株)総合経営研究所、所長、経営コンサルタント。

詳細ページへ
江川晴
(えがわ・はる)1924年東京都生まれ。慶応義塾大学医学部付属看護婦養成所卒業後、病院勤務のかたわら、シナリオ研究所で学ぶ。

詳細ページへ
江上剛
(えがみ・ごう)1954年1月7日生まれ。兵庫県出身。早稲田大学政治経済学部政治学科卒業後、旧第一勧業銀行(現みずほ銀行)入行。97年第一勧銀総会屋事件に遭遇し、広報部次長として混乱収拾に尽力。その後のコンプライアンス体制に大きな役割を果たす。この事件を元にした映画「金融腐蝕列島」(原作:高杉良、主演:役所広司)のモデルとなる。銀行員としての傍ら、2002年「非情銀行」で小説家デビュー。

詳細ページへ

江上剛のブログ
江崎俊平
(えざき・しゅんぺい)1926年生まれ。歴史・時代小説を中心に、多数の作品を発表。

詳細ページへ
江坂遊
(えさか・ゆう)1953年大阪府生まれ。1980年、星新一ショートショートコンテストで「花火」が最優秀作に選ばれデビュー。以後ショートショートを多く発表し続けている。他の作品に「あやしい遊園地」「短い夜の出来事」など。

詳細ページへ
江坂彰
(えさか・あきら)1936年、京都生まれ。京都大学文学部卒業。大手広告代理店の幹部社員を経て独立。作家兼経営評論家。

詳細ページへ
江戸川乱歩
(えどがわ・らんぽ)1894年10月21日-1965年7月28日。推理作家、評論家。本名は、平井太郎(ひらい・たろう)。筆名は、アメリカの文豪エドガー・アラン・ポーをもじったもの。日本推理作家協会初代理事長を勤めた。早稲田大学政治経済学部卒業後は貿易会社社員や古本屋、夜鳴きソバ屋などの仕事を経た後、1923年、『新青年』に掲載された「二銭銅貨」でデビュー。初期は欧米の探偵小説に強い影響を受けた本格探偵小説を送り出し、黎明期の日本探偵小説界に大きな足跡を残した。海外作品にも通じ、翻案性の高い作品として『緑衣の鬼』、『三角館の恐怖』、『幽鬼の塔』等がある。また少年向けに、明智小五郎と小林少年をはじめとする少年探偵団が活躍する作品『怪人二十面相』等を多数発表した。正五位勲三等瑞宝章。

詳細ページへ

乱歩の世界
江戸英雄
(えど・ひでお)1903年7月-1997年11月13日、茨城県筑波山麓の作岡町(現つくば市)に生まれる。旧制水戸高等学校を経て、1923年東京帝国大学法学部入学。1927年同大卒業、三井合名会社に入社。三井本社を経て、1923年三井不動産入社。1930年同社社長、1949年同社会長、1962年より取締役相談役、三井グループの最長老。妻はピアニストの江戸弘子、長女の江戸京子は小澤征爾の元妻。

詳細ページへ
江原啓之
(えはら・ひろゆき)1964年12月22日。東京都出身。スピリチュアルカウンセラー、コメンテーター、作家、声楽家(バリトン歌手)。元神職。元世界ヒーリング連盟会員。

詳細ページへ

江原啓之公式サイト
衿野未矢
(えりの・みや)1963年生れ。ノンフィクションライター。静岡県富士市出身。立命館大学産業社会学部卒業後、出版社に勤務し、レディースコミックをはじめとしたマンガ雑誌編集を主に経験。漫画業界の裏側を赤裸々に語った「レディースコミックの女性学」でライターに転身。当初はメディア論を手がけていたが、現在は主に女性のライフスタイルを論じた著書を多数執筆。その他、講演や漫画の原作を手掛けるなど、幅広い活躍をみせている。

詳細ページへ

公式サイト 衿野未矢の依存する日々
海老沢泰久
(えびさわ・やすひさ)1950年1月22日。茨城県出身。小説家。國學院大學文学部卒。1974年に『乱』で小説新潮新人賞、1988年にホンダF1(第1期~第2期前半)を取り上げたノンフィクション『F1地上の夢』で新田次郎文学賞を受賞。1994年には『帰郷』で第111回直木賞を受賞した。『F1地上の夢』以外にも、全日本F2選手権を題材とした小説『F2グランプリ』(1982年)、中嶋悟のF1デビュー年を追ったノンフィクション『F1走る魂』(1988年)など、著作にはモータースポーツに関わる作品が多い。

詳細ページへ
遠藤明範
(えんどう・あきのり)1959年生まれ。脚本家、作家。蒼き流星SPTレイズナーやミスター味っ子のTVシリーズや銀河英雄伝説や創竜伝のOVA作品、ファイブスター物語やはじまりの冒険者たち レジェンド・オブ・クリスタニア等の劇場版アニメといったアニメーション作品の脚本や原案を手がける。また3×3 EYESや電脳都市OEDO808、攻殻機動隊のノベライズや成層圏ファイターシリーズやシャドーハンターシリーズといったオリジナル作品も執筆している。

詳細ページへ
遠藤周作
(えんどう・しゅうさく)1923年3月27日-1996年9月29日。東京生れ。慶應大学仏文科卒。学生時代から「三田文学」にエッセイや評論を発表。1956年「白い人」で芥川賞を受賞。1966年、「沈黙」により谷崎賞受賞。肺炎による呼吸不全で死去。

詳細ページへ

遠藤周作文学館
円道祐之
(えんどう・すけゆき)

詳細ページへ

(作家情報、お寄せください)
円道祥之
(えんどう・まさゆき)1960年生まれ。東京経済大学卒業。在学中からアニメーション雑誌などで仕事をし、そのままライターとなる。

詳細ページへ
円地文子
(えんち・ふみこ)本名(富美・ふみ)1905年10月2日-1986年11月12日 。東京都浅草出身。日本女子大学付属高等女学校4年次中退。東京大学国語学教授上田萬年の次女。夫は『東京日日新聞』の記者である円地与志松。 幼い頃より、病弱で病気の問屋と呼ばれることも有った。学校も休み休み通っていた状態でその為中退し、その後は父などから個人教授を受け、戯曲及び古典日本文学に深い関心を持つようになった。デビューのきっかけとなった、戯曲及び劇作家としての成功の後、数々の病気に見舞われる。また小説家としては、当初評価されず苦労した。後に、女性の心理を露にした新時代的小説と源氏物語の現代語訳に代表される古典文学の両輪により高く評価され、文化勲章を受章するまでに至った戦前戦後を代表する、女流作家の一人である。急性心不全にて、谷中清水町の自宅で死去。享年81歳。

詳細ページへ
円つぶら
(えん・つぶら)「ノーモア家族」で小説新潮新人賞。『ひも』『彫師』『花火師』で実録もの三部作。ユーモア推理小説にも意欲。

詳細ページへ
榎木洋子
(えのき・ようこ)小説家。友人の波多野鷹が小説家としてデビューしたことに触発され、小説家を志す。1990年に『特別の夏休み』で第16回コバルト・ノベル大賞の読者大賞を受賞し、『リダーロイス・シリーズ1 東方の魔女』でデビュー。その後コバルト文庫を中心に作品を発表する。主にファンタジー作品を手がけ、デビュー作の『リダーロイス』、代表作の『龍と魔法使い』、前シリーズの『緑のアルダ』、最新シリーズの『乙女は龍を導く!』はいずれも同じ、龍や精霊の存在する魔法世界を舞台とし、シリーズ間で共通して登場するキャラクターも存在する。

詳細ページへ

公式サイト 守龍亭
榎本博明
(えのもと・ひろあき)1955年、東京生まれ。東京大学教育心理学科卒業。東京都立大学大学院中退。心理学博士。現在、大阪大学助教授。自己心理学の確立をめざして活動中。著書に、『〈私〉の心理学的探究』――有斐閣、『「自己」の心理学』――サイエンス社、『性格の見分け方』――創元社、『恋愛の心理学』――三笠書房――などがある。

詳細ページへ
榎田尤利
(えだ・ゆうり)7月生まれ。東京在住。2000年『夏の塩』(成美堂・クリスタル文庫)にてデビュー。

詳細ページへ

公式サイト NUDE MOUSE INDEX
永六輔
(えい・ろくすけ)1933年4月10日、東京都台東区浅草の、浄土真宗の寺に生まれる。本名は永孝雄(えい・たかお)。早稲田中・高等学校卒業。早稲田大学第二文学部在学中に、NHKのラジオ番組「日曜娯楽版」にネタを投稿して認められ、放送作家、司会者としてデビューする。大学は中退。以後、ラジオ・テレビ番組の企画・演出や、ピアニストで作曲家の中村八大らと組んでの歌曲作詞、また軽妙な語り口を生かしたタレントとしての活動など活動を続けてきた。古今の芸人についての研究や、政府によるメートル法の厳しすぎる施行で過度に排除された尺貫法の復権を志すなど、ユニークな取り組みも多い。芸人研究を中心としてエッセイの著作が多数ある。1994年には「大往生」を発表。日本のあちこちの無名の人々の生、死に関する様々な名言を集めたこの本は、200万部を超える大ベストセラーとなる。2000年に、全業績で菊池寛賞を受賞。映画エッセイストの永千絵は長女、元フジテレビアナウンサー(現在はフリー)の永麻理は次女。

詳細ページへ
エリコ・ロウ
(えりこ・ろう)アメリカ在住の日本人ジャーナリスト。早稲田大学第一文学部文芸専攻卒業。ニューヨーク大学ジャーナリズム大学院卒業。マンハッタン暮らし12年を経て、ニューヨーク州イサカにある人と環境に優しい生活村、エコビレッジから北米の環境、健康、社会、文化情報を日本のメディアに発信している。

詳細ページへ
えとう乱星
(えとう・らんせい)1949年8月12日、熊本市生まれ。翌年、小児麻痺(ポリオ)に罹患。手足の自由を失う。一般の小学校に通い、小六の時熊本大学病院に入院。八ヶ月の入院、五度の手術で手足の自由を取り戻す。しかし、重度障害のため高校入試を拒否される。通信教育の高校へ進むが、一年間呆然自失で過ごす。五年かけて卒業、慶応大学(通信制)へ進学。中退。1974年、結婚。翌年長男誕生。1976年、妻子を伴い上京。劇画原作、エロ小説等を手がける傍ら、イラストレーター、デザイナー、コピーライター、家庭教師などの職歴を経る。その一方で雑誌投稿を続ける。1989年、時代小説『中風越後』で小説CLUB新人賞佳作受賞。翌年、単行本『螢丸伝奇』発売。歴史伝奇中心に仕事を続け、現在に至る。

詳細ページへ

公式サイト 乱星舎
冲方丁
(うぶかた・とう)1977年2月14日生まれ。ライトノベル作家、SF作家、ゲーム制作者、漫画原作者、アニメ制作者。岐阜県生まれ。4歳~9歳までシンガポール、10歳~14歳までネパールで過ごす。早稲田大学政治経済学部中退。小説のみならずメディアを限定せず幅広く活動を展開する。ペンネームの由来、「冲」は、氷が割れる。「方」は、職業。「丁」は、火がはぜる、という意味で、冷静さと熱、それを職業にしていく、という意味。

詳細ページへ

公式サイト 冲方丁
有為エインジェル
(うい・えいんじぇる)

詳細ページへ

(作家情報、お寄せください)
カウンター
文庫シェルフ

文庫専門(通販・販売・買取)

店長:松元頼璽

アドバイザー

竹中柳皓(たけなか・りゅうこ)

綺麗な文章が好き。そんな文章が自分で書けたらどんなに良いだろう。
お気に入りの1冊と巡り会いたい。
気持ちはまだまだ夢見る乙女かな。(笑)

りゅうさんの読書メーター
【文庫シェルフ】アドバイザー
MUSIC ROOM/neiro.net管理人
サイトナビ秘書

最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
RSSリンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

全記事(数)表示
全タイトルを表示
ブログ内検索
カテゴリー
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。