*All archives* |  *Admin*

2017/06
<<05  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  07>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
店長の在庫登録つれづれ記3
ゲーテ 「ファウスト 第1部」  詳細ページへ


「ゲーテ (1749-1832) はこの大作を24歳で書きはじめて82歳で書きおえ、83歳で没した。 詩人の天才をもってしても完成に殆ど全生涯を要したのである。」

・・・在庫登録中にこの一文を入力して思わず固まった。
岩波文庫の「ファウスト 第1部 相良守峯訳」の表紙を入力中のことだった・・・。
なんと、書き終えるのに57年ですか・・・。
むむ、むむむ、、むむむむむ・・・。^^;


『ファウスト』(Faust)は、18-19世紀ドイツの文人ヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテの代表作とされる長編の戯曲。全編を通して韻文で書かれている。

戯曲『ファウスト』は、15-16世紀頃のドイツに実在したと言われる“ドクトル・ファウストゥス”の伝説を下敷きにして、ゲーテがほぼその一生をかけて完成した畢生の大作である。このファウスト博士は、錬金術や占星術を使う黒魔術師であるという噂に包まれ、悪魔と契約して最後には魂を奪われたという奇怪な伝説、風聞がささやかれていた。ゲーテは、若い頃からこの伝承に並々ならぬ興味を抱き、こうした様々な伝説に取材して、彼を主人公とする長大な戯曲を仕立て上げた。(なお、主人公の名前は「幸福な、祝福された」を意味するラテン語 faustus に由来する。ドイツ語で「拳骨」を意味する Faust と一致するが、偶然の一致にすぎない。)

『ファウスト』は二部構成で、第一部は1808年、第二部はゲーテの死の翌年1833年に発表された。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』ファウストより
スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

57年はすごぃ~ 書き続けることに魅了されていたのでしょうねっ 人生長く没頭できる事があるということは
理想ですね 究極きわめていくのには 人生は短すぎるのかも・・ですね  
まあ・・人生長いか短いかよくわからんですが・・究極をきわめることは・・出来るわけないような・・気がします!好きなことに没頭できれば・・それで充分仕合せですよね!!ま・・店長も一生登録続けます^^これが生きがいになりつつありますよ~~~!
カウンター
文庫シェルフ

文庫専門(通販・販売・買取)

店長:松元頼璽

アドバイザー

竹中柳皓(たけなか・りゅうこ)

綺麗な文章が好き。そんな文章が自分で書けたらどんなに良いだろう。
お気に入りの1冊と巡り会いたい。
気持ちはまだまだ夢見る乙女かな。(笑)

りゅうさんの読書メーター
【文庫シェルフ】アドバイザー
MUSIC ROOM/neiro.net管理人
サイトナビ秘書

最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
RSSリンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

全記事(数)表示
全タイトルを表示
ブログ内検索
カテゴリー
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。