*All archives* |  *Admin*

2017/10
<<09  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  11>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
石川淳
(いしかわ・じゅん)1899年3月7日-1987年12月29日。東京府浅草生まれ。本名は淳(きよし)。1924年、福岡高等学校に仏語講師として赴任するが、学生の政治活動を煽動したとして退職を勧告され、東京にもどり、『法王庁の抜穴』、『背徳者』などを訳出。いずれも完璧な日本語に移した名訳であり、鷗外の訳業に匹敵する。1935年、処女作「佳人」。1937年、「普賢」で芥川賞をうける。大戦中は「江戸に留学」を余儀なくされるが、敗戦とともに創作を再開。「焼跡のイエス」、「処女懐胎」など、焼け跡闇市の風俗に朱子学の形而上学をかさねた短編を次々と発表。安部公房が師事するようになり、1951年、安部の『壁』に序をあたえる。晩年まで旺盛な活動を続け、『蛇の歌』連載中に死去した。

詳細ページへ
スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

カウンター
文庫シェルフ

文庫専門(通販・販売・買取)

店長:松元頼璽

アドバイザー

竹中柳皓(たけなか・りゅうこ)

綺麗な文章が好き。そんな文章が自分で書けたらどんなに良いだろう。
お気に入りの1冊と巡り会いたい。
気持ちはまだまだ夢見る乙女かな。(笑)

りゅうさんの読書メーター
【文庫シェルフ】アドバイザー
MUSIC ROOM/neiro.net管理人
サイトナビ秘書

最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
RSSリンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

全記事(数)表示
全タイトルを表示
ブログ内検索
カテゴリー
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。