*All archives* |  *Admin*

2017/10
<<09  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  11>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
宇野千代
(うの・ちよ)1897年11月28日-1996年6月10日。山口県玖珂郡(現岩国市)出身。岩国高等女学校(現山口県立岩国高等学校)卒。教員を経て1921年『時事新報』の懸賞短編小説に「脂粉の顔」が一等で当選し、作家としてデビューする。幼い子供を置いて上京する。多才で知られ編集者、実業家の顔も持った。多くの有名芸術家との結婚遍歴とその破局は波瀾に富み、生涯を賑わせた。著書は『おはん』(岩国が舞台の名作)、『色ざんげ』、『或る一人の女の話』など多くの優れた作品を生みだした。1974年には『雨の音』を発表、1983年発表の『生きて行く私』は宇野千代の自伝的小説といわれ、家族や生まれ育った岩国への愛情がうかがえる。きものデザイナーとしても活躍し、晩年に到るまで旺盛な活動を続けた女性実業家の先駆者としても知られる。また、岩国市交通局により運行されているギャラリーバスの中に、宇野千代本人および代表作であるおはんを題材として扱った「おはんバス」が含まれている。なお、岩国市川西に現在でも生家が保存されており、維持管理業務を目的にNPO法人、宇野千代生家が2005年8月3日に設立されている。(生家そのものは岩国市が所有)。

詳細ページへ

NPO法人 宇野千代生家
スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

カウンター
文庫シェルフ

文庫専門(通販・販売・買取)

店長:松元頼璽

アドバイザー

竹中柳皓(たけなか・りゅうこ)

綺麗な文章が好き。そんな文章が自分で書けたらどんなに良いだろう。
お気に入りの1冊と巡り会いたい。
気持ちはまだまだ夢見る乙女かな。(笑)

りゅうさんの読書メーター
【文庫シェルフ】アドバイザー
MUSIC ROOM/neiro.net管理人
サイトナビ秘書

最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
RSSリンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

全記事(数)表示
全タイトルを表示
ブログ内検索
カテゴリー
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。