*All archives* |  *Admin*

2017/05
<<04  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  06>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
江國滋
(えくに・しげる)1934年8月14日-1997年8月10日。東京都出身。エッセイスト、俳人である。俳号は滋酔郎。慶應義塾大学法学部政治学科卒。新潮社に入社したが、1966年に退社。独立後、文筆業に専念。1969年に小沢昭一、永六輔らと共に、やなぎ句会を発足。 俳人としては、俳諧味に溢れた軽妙な作風で知られ、殊に挨拶 句の名手として知られた。 また長年日本経済新聞の投句欄「日経俳壇」の選者を務めた。俳句に関しては独学に近く特定の師を持たなかったが、鷹羽狩行とは親交が深く添削なども受けていた。1989年の『日本語八つ当たり』で小林よしのりの漫画「おぼっちゃまくん」の「茶魔語」を批判的に書き、小林とテレビ番組で対決したことが「ゴーマニズム宣言」の前身「おこっちゃまくん」(第1巻に収録)に書かれている。アマチュアのマジシャンとしても有名で、ナポレオンズに「江國さんのカードマジックは話術まで入れたら世界一だ」と誉められたことを大変喜んでいた。 また座談に長け、FM東京(現 TOKYO FM)の番組『FMモーニング東京』の書評コーナー「江國滋の読書の散歩道」などでも知られる。愛煙家であり、酒を好んだ。1997年に食道癌の宣告を受ける。同年8月10日逝去。享年62歳。闘病中の句集『癌め』及び俳句日記『おい癌め酌みかはさうぜ秋の酒』が没後に出版される。長女は作家の江國香織。

詳細ページへ
スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

カウンター
文庫シェルフ

文庫専門(通販・販売・買取)

店長:松元頼璽

アドバイザー

竹中柳皓(たけなか・りゅうこ)

綺麗な文章が好き。そんな文章が自分で書けたらどんなに良いだろう。
お気に入りの1冊と巡り会いたい。
気持ちはまだまだ夢見る乙女かな。(笑)

りゅうさんの読書メーター
【文庫シェルフ】アドバイザー
MUSIC ROOM/neiro.net管理人
サイトナビ秘書

最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
RSSリンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

全記事(数)表示
全タイトルを表示
ブログ内検索
カテゴリー
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。