*All archives* |  *Admin*

2017/08
<<07  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  09>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
柴田翔「されどわれらが日々ー」
柴田翔 されどわれらが日々ー  詳細ページへ


─私はその頃、アルバイトの帰りなど、よく古本屋に寄った。 そして、漠然と目についた本を手にとって時間を過ごした。 ある時は背表紙だけを眺めながら、三十分、一時間と立ち尽した。 そういう時、私は題名を読むよりは、むしろ、変色した紙や色あせた文字、手ずれやしみ、あるいはその本の持つ陰影といったもの、を見ていたのだった。しかし、私たちのすることで、何か時間潰し以外のことがあるだろうか。─ (本文より)


古本も、なかなか味がある・・・
スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

管理人の承認後に表示されます
カウンター
文庫シェルフ

文庫専門(通販・販売・買取)

店長:松元頼璽

アドバイザー

竹中柳皓(たけなか・りゅうこ)

綺麗な文章が好き。そんな文章が自分で書けたらどんなに良いだろう。
お気に入りの1冊と巡り会いたい。
気持ちはまだまだ夢見る乙女かな。(笑)

りゅうさんの読書メーター
【文庫シェルフ】アドバイザー
MUSIC ROOM/neiro.net管理人
サイトナビ秘書

最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
RSSリンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

全記事(数)表示
全タイトルを表示
ブログ内検索
カテゴリー
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。